久々の井田ダイビング〜♪ド恥ずかしい経験も。。。

| コメント(40)

なんだか知らないけど手や足などあちこちが痛い・・・。
その理由はまた後ほど。
初心に帰った、いつもに増して謙虚なしのっち。です。こんばんは。


IMG_7321.jpg昨日、西伊豆の井田に日帰りダイビングに行ってきました。
オイラとゲスト5名の計6人。

今回は完全にガイドとして行ったので写真は少なめ。
しかもいつもの60mmマクロではなく、18-55mmの標準レンズを付けてみたので全然寄れねぇ・・・。ピント合わせらんねぇ・・・。
もう標準レンズを海中で使うことは無いでしょう。(^_^;)

一本目。。。

すげーーーいい天気でした。
エントリーはちょっと波立っているも、なんとかフィンを履いてエントリーすることは可能でした。

おお〜〜〜!!水面から覗いてみると素晴らしい透明度です!!

さ〜〜〜元気を出していってみよう〜〜!!!!

エントリー直後のスズメダイ、キンギョハナダイ、タカベの群れなどは圧巻です。
なんだここ??完全に海外チックだぁ〜〜!!
すげぇ!!凄すぎるぜ井田っ!!!!


よ〜〜っし!!
まずは深度を取ってまずは産卵床の残骸についているというピカチュウを見に行こう〜〜(*^_^*)


ブン流れ。(T_T)


5m以深は泳いでも進まないくらいのブン流れ。
うん。ビギナーさんにあれはキツイ。
砂地に降りてピカチュウを探すも、掴まるところがなくズリズリと流されるゲストさんの様子を見て早々に断念。
IMG_7325.jpgゴロタに戻って遊んでました。

それでも流れは激しくなるばかり。

キリンミノカサゴ。ウミウシ各種。イシヨウジ。ギンポなどを見て
40分くらいでエキジット。

2本目。

よ〜〜〜っしっ!!
次はウワサのクマドリカエルアンコウを見に行こう〜〜!!

次第に波がきつくなるとの事だったので、水面休息を少なめに早々にエントリー。

確かにさっきより波が立っています。
ささっと潜って帰りましょう〜。


さぁ!!浅場でギンポやカサゴ系、エビカニ系など見ながらクマドリポイントへっ!!

探しても探しても見つからない。((+_+))

軽くへこんでいるところに現地ガイドさんが来て、

『クマドリいました?』

っとスレートに。

『いないよぉ〜〜』

のジェスチャーに一緒に探してもらうもやはり見つからず。
岩陰にでも隠れちゃったのでしょうか。
う〜〜〜ん、残念。

IMG_7333.jpg
(写真はシロウミウシ&ヒロウミウシ)

各種ウミウシなど見て、ダラダラと流されながら10m付近を戻っていると・・・

おおおおおおぉおぉおおおぉおおおおぉぉおお!!!


IMG_7335.jpgIMG_7338.jpg

何の情報もなしにニシキフウライウオ発見!!!


すげぇ!!オイラってばスーパーガイドみたいだぁ〜〜!!(自画自賛モード突入)


リンリリリンリン・・・リンリン。
っとネコ踏んじゃったのリズムでベルを鳴らしたらオイラだからみんな振り返ってね♪
っというブリーフィングの言葉を完全に無視し、大声で叫びながら

リンリンリンリンリンリンリンリンリンリンリンリンリンリン

っと、激しくベルを鳴らしてみんなを集め、撮影会開始。

その後、浅場の群れ群れで美しいお魚さん達に、汚れて荒みきった心をきれいに洗い流してもらいながらの安全停止を経てエキジットすべく移動開始。

エキジット付近に近付くと砂が舞って何も見えない状態に。
みんなで浮上して水面から顔を出すと・・・まぁ〜大変。


サーフィンするにもキツそうなくらいの大波ざっぱんざっぱん。

しかも、防波堤があるので不規則な波が襲いかかるっ!!


こりゃ女の子はエイジットきついだろうな〜〜っと、早目にオイラがフィンを脱がせてあげて水面を引っ張り、身体一つでエキジットしてもらうべく準備。

さぁ、普段は格好だけでクソの役にも立たない・・・っつーか見た目の良さとは裏腹にやはり邪魔くさいだけのスーパーロングフィンがようやっと活躍する時が来ました。

波に負けず女の子をグイグイ曳航し、エキジット付近まで〜〜


あれ??


やべ。調子に乗って浅すぎる場所にまできても〜〜たっ!!!!!


女の子はエキジットしやすかったと思いますが、今度はオイラが大変。
カメラとゲストのフィンを抱えて立ち上げることすらできず、立ち膝で波に必死で耐える。


まぁ、仕方無い。このままフィンを脱いで上がるとするか・・・。


ありゃりゃ。パンパンに膨らましたBCDジャケットが邪魔をして足に手が届かない。

アホだなぁ〜〜っと思いつつ、BCDジャケットのエアを抜いてっと・・・

げっ。年末年始でついた+4Kgのお腹の贅肉が邪魔をしてまだ手が届かない!!!

ひとりで靴下をはけないというおデブちゃんの気持ちがすげーよく解りました。

防波堤を超える波に身をさらしながら独り本気でダイエットを決意した瞬間です。

そうこうもがいているうちに、数年ぶりに波打ち際でゴロゴロ転がり
ヒーヒー言いながらエキジット。


インストラクターとして、そしてガイドとして、超ド恥ずかしいんですけど何か問題でも??(-。-)y-゜゜゜


うん。
傷だらけの手の甲と、今朝から軽く打撲痛の左足を引き換えにゲストとカメラだけは死守したぞっと。
ロクハンが破けなくてよかった(^_^;)


みんなも、波の高い時のエントリーエキジットはマジで気をつけよう!!(爽やかすぎる笑顔で)(でも恥ずかしくて視線は合わせられない)

P.S 
ニシキフウライウオ第一発見者だと思い喜び勇んで現地サービスに伝えると、

『そうなんですよ〜昨日出たんですよ〜。ボクらも一本目に見てきました♪』ですって。


ダブルショーークっ!!

しのっちのセルフバーニング