ヤラないで後悔するより、ヤッて後悔した方がいい。

| コメント(145)

ヤラないで後悔するより、ヤッて後悔するほうがいい。

いや・・・シモネタじゃなくてさ。。。(^_^;)

昨日、録画しておいた島田紳助の「行列ができる法律相談所」を観た。
その中で出てきたのが、還暦を過ぎた高校生という方だ。

その方は家庭の事情により中学を出てすぐに働き始めたという。
工場関係だ。

そして一生懸命、一生懸命働いて、なんと従業員200人を抱える社長にまでなった。

その社長さんが60歳を過ぎて高校へ入学したというのだ。

そのコーナーを観ていて、知らないうちにポロリと泣いていた。
何処をどう観ても泣けるシーンなんてイチミリも無いのだが
オイラ、非常~~~~~~~~にその60歳を過ぎた大学生社長の気持ちが解る。
本当に本当に気持ちが解る。


オイラも中卒、高校中退組みだ。隠すつもりも偽るつもりもない。
しかもなぜか2度も高校を中退している(^_^;)

いや、別に不良とかヤンキーだったわけじゃない。
どちらかと言えばマジメな部類に入るような気もする。
が、なぜかそんな結果に・・・。もちろん多少はイキがってた時期も無くは無いのだけれど・・・。

オイラも高卒、大卒の方々に負けじと一生懸命働いて、コツコツお金を貯めて
今現在何とかこじんまりとしたダイバーの為のバー、マリングを経営できるまでになった。

オイラの今の業種、そして経営者という立場でいうと学歴は一切関係ない。
オイラが大卒だろうが高卒だろうが今の仕事や生活に全く変化はないだろう。

しかし、今でもたまに夢に出てくるのだ。
高校を受験しなおしている夢、そして高校卒業の試験を受けている夢、高校を卒業した夢、高校を辞めた夢。

オイラ本人は全く気にしていないつもりでいるのだが、実は相当なコンプレックスになっているのだと思う。
いわゆる学歴コンプレックスというヤツだ。

実際に学歴、職歴などで他人を判断することも多いだろう。

『君、学校は何処をでたんだい?学校と言えば大学の事に決まっているじゃないか。何?大学に行っていない?ふーーん。』

というやり取りを何度繰り返してきただろう。

ぶっちゃけた話、数ヶ月前に当時付き合っていた彼女と別れたのだが、その辺りも根本ではないがほんの少しは学歴というものが関係している。

大学に行っていないオイラにとっては学歴や大学というものは、
ある種コンプレックスと同時に憧れでもある。
オイラが大衆居酒屋を好まないのもその辺りも関係しているのかもしれない。
大学生の飲み会で学生が酔い潰れるまでの乱痴気騒ぎを見ていると非常に不愉快にもなるが、実は羨ましくもある。

うん。ちょいと話がずれた(^_^;)


高校に限らず、やり直せる機会・チャンスはいくらでもあった。
おそらくこれからも多々あるだろう。

だが、ヤっていないから後悔しているのだと思う。
ヤっていない後悔というのはず~~~っと虫歯の歯痛と同じでず~~~っと残り続ける。治療をしなければ決して自然治癒はしないのだ。
60歳高校生の社長さんは、意を決して治療に踏み切ったのだ。
エライ。エラ過ぎる。
エラ過ぎるのと同時に羨ましくも憧れもする。尊敬とはこういう事を言うのだ。


これから年末年始、そして3月・4月を迎える。
人生の転機を感じる方も多いだろう。

今、私の周りにも人生の転機を迎える、そして迎えた方が多い。
夢に向かって一生懸命努力している方も多い。
更にこれからもっともっと増えるだろう。

オイラは声を大にして言いたい。

悩んでいるくらいなら行動すべきだ。
ヤって後悔することは微々たる後悔だ。
少なくとも経験や知識が手に入り、そして充実感と達成感、挫折感というものが味わえる。
ヤラないで後悔する場合、それすらも残らない。
ただただ地味~~な後悔が心の片隅に残り続ける。

老いも若きも男も女も。
ヤラない後悔ほど重くのしかかり続ける後悔はない。
みんな!!ヤリまくろうではないか!!!!!(#^.^#)


だからシモネタじゃねーってば。(@_@;)

しのっちのセルフバーニング